booksの最近のブログ記事

●待ってたよぅ!しかし半年の休載で復帰とは今回早かったね(感覚麻痺)。
まぁこれは漫画描いたことのある人なら概ね同意しますよね。荒木飛呂彦とか藤崎竜はあれは色々おかしいので比較対象にしちゃ駄目。
180905.jpg
●否、これは快楽と命の等価交換にて人飼いの獣パプの仕業。
●お腐り様はもうこんな時代から居たのか。まぁ男色は寧ろ歴史あるからなぁ。
180712.jpg
●或いはこの婦人の死因は切り捨て御免である可能性。
●とうとうか......。普通連載中のアニメ化は尻切れトンボで終わりがちだけど、農園脱出でピリオドにすれば綺麗に終わりそう。
連載3週目のうちのツイート。先見性があったのかはてさて。

180528.jpg
●左様。先に連れていかれたノーマンはジャクソン氏にそういう意味で食っちまわれた。
●面白いタグだなぁと思ってたけど流石にヒラコー、凄いのぶっこんできた。
それが大人になるという事だよ翼くん。
ディズニーにこれを先に提示されたら、ライオンキングのもめ事はなかった。
手塚治虫を脊髄反射でやれ神様だお手本だという自称良識者は、こういう事実こそ知っておくべき。
これは編集が却下したらんのか......。
まぁ、これは凄いショッキングだったなぁ。別の意味で(笑)
これ赤塚だから問題にならなかったのかも知れないけど、今だったらあっという間に訴訟沙汰だよなぁ。
180522.jpg
●まさに若者の乳離れを体現する風潮。む、乳離れの意味が違うとな?まぁ良い。んゴ。
●有名な雁屋のダブスタ。いつもこの本読むたびに何故そこまで味の素を毛嫌いするのか分からない。あれは人間の味覚の謎を解いた革命的発明なのだから、「美食倶楽部」とかを切り盛りする以上敬意を表するべきであるのに。サラダに関しては何をかいわんや。
しかし突っ込み待ち漫画と言えば「ゆで理論」でお馴染みのゆでたまご。キン肉マンも大概ですが、このように「闘将拉麺男」は突っ込みどころの乱舞状態。入手可能であれば、世界三大七不思議さんの同人誌「闘将拉麺本」と一緒に頂くとより美味しく召し上がれます。
ラーメンマンつながりで。スプリングマン、完璧始祖編でもそうだけど、意外と話が分かる人(人?)。
180419.jpg
●まぁ超人であるリキシマンの完全勝利であろうな。砲岩より死んだ回数少ないからな。
●白石が食われるのか。
そこでやめないでくれぇ、こっちが気になって仕方ない。
ていうかこの元ネタを持ってこれるほうが凄い。
ただ、アニメの衰勢とかがこういう面倒臭い輩に握られてしまっているのも面倒臭い。
なお、これRTしたけど外れちゃったのかなぁ。
180412.jpg
●様式美であるな。なお、中の人のHNを逆にすると「白石九」でもあり親近感。だから近親相姦ではないと言っておるのだこのタワケぽんちめがッ!
●凄いなこれ。まぁ、タイトルがなかなかショッキングなのでみんな興味持ったのかも(うち未読)。
こっちも凄いけど、日本沈没は1年足らずであの重版だからなぁ。
180321.jpg
●否、逆に今読み返すと別の意味で面白いと思うのだが。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.17-ja

携帯用QRコード

system9QR.gif

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

twitter

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちbooksカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはarchiveです。

次のカテゴリはdayzです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。