movieの最近のブログ記事

●ここ一カ月のお気に入り動画ツイート。
240715.jpg
●7以降はキャラクタの個性を重視するウィニングポーズになっていったが、あの全員揃ってバンザイするアクションはまた別の味わいにて復活求む。3Dでは変な感じになってしまう気もするが。
●とうとう映画化か。映画館におっさんがごはんを食べるだけの映画を観に行くという謎の展開へ。ていうか監督松重さん!?
拡大してやっとわかった。
ビールクズも出ないらしいので、もしかしたら悪い方に吹っ切れたりしてないかな......。
240712.jpg
●何か究極生物を思わせる諦念。原作ゴローの語っていた「一人飯の自由さ」は松重にはもう重荷なのやも知れぬな。
●すげぇコラボやってきたな呪術。
このシリーズ大好きだった。
たぶん、今の読者、この高羽の衣装は「笑う犬」で原田泰造がコントで着てたやつのオマージュとは知らないんだろうなぁ。時代か。
240704.jpg
●まぁ、芥見は本編でよく「聖鼻毛領域」をあれだけやりぬいたものである。羂索も浮かばれようぞ。
●ここ二カ月のお気に入り動画ツイート。先月少なかったのでエントリ立てなかったんですけどそれでも少なかった。
240617.jpg
●こん平「鞄の内容が......減った......」
●ここ一カ月のお気に入り動画ツイート。
240520.jpg
●いや、この余韻の無いスパンキングではジャポネのM男は持ち合わせた禅マインドの侘び寂びを感じられぬのでは。知らぬが。
●うちが子供の頃「特攻野郎Aチーム」「ナイトライダー」「冒険野郎マクガイバー」なんかを観てた時は、面白いのは無論なんだけど、「日本には無いタイプのドラマ」だったっていうのが大きいと思うんですよ。当時の日本のドラマはあんまり観てなかったけど、住み分けが出来ているというか。最近はドラマをとんと観なくなったので、海外産のがどうかは良く分かりませんが。
240422.jpg
●拙者も見ておらぬ故推論ではあるが、以前のマスゴミごり押し時期とは多少様相が異なり、エンタメ産出国としてそれなりのポテンシャルを持ってきておる故にクオリティは高いらしい。まぁ、ジャポネのドラマの質が落ちておるのは前提なのではあるが。先日の漫画原作ドラマのひと悶着もそうであるが、作り方がワンパというかのう。
●貯金がじわじわ減っている。外食はそろそろ考えた方がいいのかなぁ。
たまに凄くマクドが食べたくなる。
月曜日のツイートだったのはたまたま。
リストは強そうではある。
BF団の人は自分の足で走るからなぁ。
あれも黒歴史になるんかな。
ミクの日大遅刻。
最近の月曜日のルーチンになりつつあるつけめん。
21時ごろまで停電してた。
普段寝る時部屋の電気は消しているのですが、それでもいろんなLEDとかの光量ってけっこうあるんだと気が付く。
愛蔵版、一部未収録の漫画があった気がする。
結局みんなタミフルとかに戻ってたね。
寝ぼけている時の思考はトレース不能。
おだやかな言い方しましたが、普通に「勝手に砕くな!」です。
毎回拒否されてるのに、ドメインを少しずついじって再送信するってのは普通しないよね。
報道しなくなって、コロナの認識が相当甘くなっている。
自民は悪い。それは間違ってない。だけどそれをネタに国会を空転させるのはどうなんだ。
ショウヘイヘーイ。
たまに来るチャーハン欲を満たす。
未だにあのバカが元首相の肩書持ってるの忸怩たる思い。
沖縄そばおいしいね。
まぁ、「カマを掘る」の由来は坊主らしいのでね。
仕方なく来る
月曜のおつとめまたも。
使ってないから知らないけどSkebってエロOKなん?
テクノポリスも遠くになりにけり。ていうか、ここ最近アニメゲーム関連の訃報多過ぎ。
副作用出たら死にますからね。
範馬勇次郎
立て看板見る度に「来るな」と呟いている。
うちも「須らく」の件があるので人の事言えませんが、これはちょっと......。
マルチの誕生日だと聞いて。
240320.jpg
●最近のAIの進捗から考えれば頭脳は何とかなりそうな感じはするが、問題は素体であろうか。20年の月日はまだ来栖川の技術に追いつかぬというのは哀愁。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.17-ja

携帯用QRコード

system9QR.gif

2024年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちmovieカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはmedicalです。

次のカテゴリはmusiqです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。