2007年8月アーカイブ

前回の続き、ビックリマン、コンプリートの手引き。
■購入編
まず、スタート時にはある程度のポイントが貰えるのですが、基本的にどこから購入してもそれほど差異は出ません。しかし、「なるべくヘッド以外が揃うまでは他の弾に手を出さない」というのは基本として良いのでは。何故かと言うと、ヘッドはCPUトレードである程度網羅できるからなのです。暫くは赴くままに買いましょう。
■問題編
ある程度購入するとポイントが底を尽きます。新しくポイントを入手するには「模擬試験」や「検定試験」をこなすのが正道。しかし、カルトクイズ的なマニアックな問題が多く、最初のうちは正答率が非常に低く、余りポイントを貰えないと思われます。ここで重要なのが、
1)なるべく範囲を絞り、模擬試験一つに集中する
という点。全3000問とはいえ、模擬試験20問をある程度こなしていけばシールの解説無しでも「答えを覚えられる」問題が次第に多くなります。20問全問正解すると回答ポイントとは別に3750P貰えます。初期はこれがかなりデカいです(3箱買い占めるに相当するポイントの為)。やり込めばどのジャンルもある程度の正答率は保障出来ますが、ここで重要になってくるのが「既に持っている知識」と「難易度」。当時自分がどの範囲でハマっていたか、というのを考慮してジャンルを選ぶのも手です。しかし、やっている感じでは4枠の中でもけっこう難易度に差があります。
2)設問毎の難易度
その前に出題されるクイズの内容ですが、色々バラエティに富んでいます。シナリオ問題や名称当て、系譜問題、関係を線で繋ぐなど。特に難易度が高いものだと該当する名称を入力する、並べ替えなどがありますが、実はいちばん多いのが「三すくみ回答」。「三すくみ」と言うのは要するに同じグループの「天使・悪魔・お守り(又は次代)」を組み合わせるというもの。問題として二枚写真が提示され、あとはシール写真やキャラ名などをタッチして回答するもの。覚えていればそれに越したことはありませんが、写真回答の場合はマークを見て答えるという方法もあり。また、提示される写真がテクスチャとして貼られた立方体がぐるぐるアクションしていて見づらいなどもありますが、これも注意してマークを見つけられればそれだけで回答可能なケースが多いです。問題は名称のみから選択など。ここで4枠の難易度の差が出ます。1枠以外は名称などの統一性が低いケースが多く、この傾向はこと後半行くごとに大きくなります。一方、初期は三すくみになにかしらの「共通テーマ」が存在しているケースが多く、逆に言うとテーマさえ解ってしまえばなんとか回答可能だったりするのです。故に、難易度は初期になるにつれ低くなります。一方、「ピア・マルコと聖石」以降になるとキャラ名が何にも因まない「固有名」であったり、終いにはそれを文字入力させるといった「覚えてなかったらハイそれまでヨ」という問題が非常に多く、ある程度知識を蓄えるか、やり込まないとかなりキツいです。故に、初期にポイントを稼ぐなら「聖魔の戦い(1?8弾)」「次界争奪戦(9?19弾)」辺りが妥当。
3)ある程度以降のポイント稼ぎ
とりあえずはそれぞれの模擬試験をやり込むべき。どのジャンルでも7?8割の正答が見込めるようなら全100問の「大検定」へ挑みましょう。問題数が多いだけにさくっと流すのは難しいですが、模擬試験とは異なり、最終獲得ポイントが検定倍率として3倍されるので、むしろちまちま模擬試験をこなすより一気に稼げます(80?90問も正答出来れば一回で9000P前後入手でき、模擬試験で同じ問題数をこなすのに較べると下手にコンプリートするより稼げる)。また、大検定は正答数により称号や階位が貰えるので、そういうやり込み要素としても面白いかと(なお、前日に掲載した私のマイデータでは階位「名人」、称号「聖梵」となってます。称号はいくつもあり、自分で変えることが可能)。
■継続編
前述の通り、なるべくヘッド以外はコンプするように買いましょう。ここで重要になってくるポイントがいくつか。
■15弾以前はなるべく天使がダブるくらい購入すべし
→理由は後述しますが、こう買ってると大抵ヘッドも集まるので一石二鳥。実際のレアリティを再現しているかどうかは知りませんが、「1箱にヘッド一枚」という事は決まり事ではないようで、一枚も無い時もあれば二枚連続で入ってたりもする。
■16弾の悪魔にも余裕をもたせて
→本当は天使も対象なのですが、これは単なるレアリティの問題。
■19?25弾は次代が重要
→無論天使悪魔もあるに越したことはありませんが。
※レアリティの浮動
○?16弾まではヘッド>>天使>お守り>悪魔
実はヘッドの枚数にインフレーションが起こるのは15弾からなのですが、ヘッドのレアリティはここまでは同じくらいのよう。
○17弾以降ヘッドにデフレ
ヘッドの枚数増加により、これ以降ヘッドがやたらと出るようになる(例として、ひと箱に9枚というのを確認)。まぁ、17弾はヘッドだけで24枚もあるのでさもありなんと(笑)
○後半は天使≒悪魔>お守り・次代≒ヘッド
場合によってはヘッドの枚数が悪魔を追い抜くケースも。ヘッドが揃っているのに悪魔が一枚出ずに箱で買うなんてケースも。
■交換編
そしてコンプの為にCPUトレードも平行して行いましょう。キャラを選ぶとくれるシールと向こうの要求するシールが提示されますので、それに沿ってトレードを。未所持の場合は「未入手」と出ますので参考に。
※トレードにこちらから出すシールはダブりOK。これ重要。よって80枚請求されても条件さえ満たしたシールならば1種80枚でも成立する。
各キャラクタの特徴を書きます。
i)低難易度キャラ
●ここほれワン助
必ず8対8のトレード。要求カテゴリ無しなので適当な悪魔8枚とかでOK。その代わり手に入るシールも並。後半はキャラを廻すための存在へ。
●愛染かぐや
天使・悪魔いずれかに属したシールを要求。枚数は少なめ。見返りはお守りメインだが、たまにヘッドも混じる。
●十字架天使
要求カテゴリ無しだが要求枚数がかなり多い。85枚というのを経験。基本はダブった悪魔をどんどんつぎ込むように。見返りはバラバラで統一性がないがヘッドが混じることも。
ii)中難易度キャラ
●聖フェニックス
要求カテゴリは20?31弾なら何でも。その代わり要求枚数はそれなり。20弾以降は意外とヘッド以外がダブりにくく、要求する枚数を捻出できないケースも。見返りはそれなりにいいものが貰えるが、後半は穴埋めにもならないケース多し。
●ピア・マルコ
要求カテゴリは1?19弾なら何でも。この範囲なら悪魔などはかなりダブりやすいので聖フェニックスよりはいくらか有用。ただしそれなりの枚数は要求してくる。見返りは20弾以降がメインで、ヘッドなどもそれなりに。20弾以降はヘッド種類が多いので、穴埋めにもけっこう活躍する。
iii)高難易度キャラ
●スーパーゼウス
実は最重要キャラ。要求は基本的に15弾以前の天使シール(10枚?多くても20枚程度)で、見返りは一枚だけだが大抵未所持をピンポイントで出してくるので後半になるごとに有難い存在になる。
●スーパーデビル
要求は天使シールをそれなりの枚数だが、見返りが余り良くない。ヘッド枚数が比較的多いが、後半煮詰まってくると余り未所持は提示してこない。トレードして廻すにしては美味しくないので放置でもいい。なお、16弾の天使は曼聖羅勢力なので交換対象にならない。
●異聖メディア
要求は次代、新界王、新聖族、聖ランド。後半三つはほとんどヘッドだが、次代でも良いという抜け道がある。交換難度は高いが、見返りはあまり美味くない。
●聖神ナディア
要求は16弾の天使・悪魔、カーネルダーク、創聖巡師、創聖使と矢張り後半は全部ヘッドだが、16弾なら天使・悪魔いずれでも良い。16弾の天使はスーパーゼウス、スーパーデビルのトレードに使えないのでここにつぎ込んでOK。
※お守りは実はいいトレード材料
お守りは天使より出なく、悪魔よりは出るが、これを専門に要求してくるキャラクタはいないので、十字架天使やピア・マルコなどとのトレードで悪魔が足りない場合はむしろお守りを積極的に出すのも手。
■完結編
ある程度になればもうあとは物量に任せてひたすら箱で買いましょう。スーパーゼウスのトレードの助力があれば穴埋めもそこまで苦ではありません。余ったシールはひたすらトレードにつぎ込んでゼウスを廻しまくるべし。
070828BM03.jpg
そんなこんなで妙にやり込んでしまった本作(笑)いやいや、シール裏のストーリでは解らなかった(というかシール裏の電波文章でシナリオを読むのは無理(笑))色々なシナリオとか解って満足。
070828BM04.jpg
コンプすると本作の特典シールも参照できます。ヘッドロココは裏面にロゴがある以外は元ネタとほぼ同じですが、限定版(Amazonで3000セットが即完売だったそうです)付属のワンダーマリアはオリジナルデザイン。まぁ限定版までは…だけど、当時シールにトキメいた人ならきっと満足できる出来ではないでしょうか。

070828BM01.jpg
ビックリマン大事典
こないだ何気に行ったショップで発見、というよりその日の前日発売だった。ビックリマンチョコ30周年記念データベースソフトとの事。ネットではシールアーカイヴなんてページ(公認の他にこんなとこも)も散見されるのでデータベース的価値はいかに?とも思ったがなんかノリで購入(笑)結論。これは実は意外に良作。
■チョコを購入してシールをコレクトしていく「集めゲー」的要素
無論、シールデータ自体を参照するデータベースとしてなら購入状態そのままで良いのだが、ゲーム内でゲットしていないシールはカラーで見れず、またDS版付加価値である「系譜参照」や「作者の解説」などディープなデータはそのままでは得られないので、シールを集める事に対してコレクタ的満足感以上の付加価値が付与されている。無論、チョコを購入するには「ポイント」が必要で、一日一回、トップで引ける「おみくじ」や後述する「検定試験」などによりポイントを稼ぎ、チョコを購入してシールをゲットしていく。購入画面はビックリマンの箱が表示され、タッチペンでどのチョコを買うか選ぶという当時が偲ばれる心憎い演出。また、タッチペンでずずーっとスライドするとなぞった部分のチョコを纏め買いも出来、当時では不可能であった「大人買い」も可能。これが妙に気持ちいい(笑)まぁ、「どのシールが出るか?」というのは結局運試しなのですが。
■大図鑑
前述の通り、コレクタ的満足感を増幅させる機能満載。裏表の写真、裏の文章の文字起こしなんてのはどこでもやってる事な訳で、本作の最大のポイントは、ストーリや裏設定、系譜(進化や子孫、血縁など)などをオフィシャルで参照できる点。「あのキャラとこのキャラはこういう関係だったのか!」という点が非常に嬉しい。ただ、一部キャラ(聖フェニックス?ヘッドロココ系列や若神子など)は余りに派生が多く、系譜が二頁にまたがってしまうなど、その辺がちょっと見づらかったかな。逆に、図鑑は各弾ごとの区分となっているのだが、系譜を利用して系譜内で次々と参照する事も可能。そういう至れり尽くせりな設計は有難い。また、各弾をコンプリートする事で、その弾の豆話を参照できるのもいいですネ。無論「達成率」表示もあり、集める際の参考にもなります。さらに、ヘッドの別ヴァージョンが多数存在した「アイス版」の参照も出来、更にはホログラムシールの向きを変えて見れる、スクラッチやシールめくり、合わせ絵など、様々な手法にもしっかり対応。心憎いです。名前検索も可能。
■ビックリマン大検定
要するにカルトクイズ。全31弾を4分割し、「聖魔の戦い(1?8弾)」「次界争奪戦(9?19弾)」「ピア・マルコと聖石(20?25弾)」「パンゲの未来(26?31弾)」の範囲で行われ、それぞれについて20問の模擬試験が可能で、各々から25問、計100問にて行われる検定試験は結果次第で称号や階位などが貰える。また、シールを購入するポイントはここから入手するのがメイン。問題はカルトクイズと言って差し支えのない難問が計3000問。
■シール交換
DS同士での交換も当然ながら可能だが、一本しかなくてもCPUとのトレードも可能。コンプを目指す場合積極的に利用していくべき。
070828BM02.jpg
…とまぁ、ここ数日猿のようにやり込んでコンプしたッスょ。次回、やり込み編。

07082101.jpg
'07.08.14
お盆休み前半戦終焉。後輩宅でBBQ。途中で酔い潰れたり麻雀で潰されたりな感じ。花火もやったょ。
07082102.jpg
'07.08.16
お盆休み中盤。お墓参り。お盆の夕焼けはなんだか寂しいね。
07082103.jpg
'07.08.17
コミケ初日はサークル参加。来て下さった皆様有難うあんな僻地なのに。まー戦果としてはイマイチでしたが、評判は比較的上々で、まぁこれでよかったのかもね。終了後SHENと葵ねーさまとで呑み。まぐろ専門店。なんでこう、コミケ後のビールってば美味しいのかね!
'07.08.18
二日目は唯一毎回買いに行くサークルさんがあるのでその為だけに有明へ。無事購入出来ました。
07082104.jpg
'07.08.19
コミケ三日目。この日は挨拶回りで有明へ。横井レゴさんがトリーシャ本でびっくり。言われてみれば今年で悠久10周年なのだそうだ。ごめん忘れてた!(笑)去年はエタメロ10周年だったそうで。だからみづきさんはエタメロ本だったのだなぁ。気付くの遅ぇよ。数名会えなかったけど(予定から)まぁいいかな。で、会場を早々に辞してアキバへ。目的はFateZeroと東方の公式設定資料集なので虎へ。FateZeroはすぐ買えたけど東方ねぇ!もうなんていうか中が大変な事に成っているビル内を右往左往。店員に片端から聞いてみるも最終的に在庫無しという結論。まー出版社はおろかタイトルすらもうろ覚えな奴にかまってくれて有難う店員さん!ごめんなさい。ぶっちゃけこのビルの中でのほうが会場より汗かいた。てかあのニオイは…ちょっと…方々に置いてある芳香剤、明らかに誤算。その後余りに時間が余りすぎて(会場発15時、呑み会集合20時)これ幸いにとメロン→ゲマズとハシゴするも無い。仕方なくゲーセンで一服しながらキン肉マンの格闘ゲームを後ろでまじまじと見る。面白そう。てかマリポーサ人気だな!(笑)しかもキャラ多い!ベンキマンを使う勇者は終ぞいませんでした。アタル版マッスルスパークでKOとかね、後ろで観てるだけでも鳥肌モノでしたょ。
07082105.jpg
そして毎回恒例の、呑みメンツ通称「虎龍会」で神田・蔵で呑み。すいません今回もハメはずしすぎた。終電逃して津田沼のSHEN宅に泊めて貰う。流石にみんな撃沈してた。
07082106.jpg
'07.08.20
力技でもぎ取ったお盆休み最終日。月曜なのに(笑)そうそう、東方のアレはあの後津田沼で本屋4件ハシゴしてなんとかパルコの本屋で発見、確保。ZUNさんのセンスはやっぱ凄いなぁ。新作は難しすぎてギブでしたが。で、PCで色々ちまちまやってたら窓枠になんかぶち当たる音が。何かと思ったら油蝉。シャッタ直後に逃げられたけど夏っぽい写真が撮れて満足。そんなお盆でした。

今日は大きめの地震で目覚める(震度4との事)。今もちょっと大き目の余震が度々襲ってくるので怖い…てか5くらい来たら本棚倒壊するな…寝てたら下敷きです…ガクガク。

さて、世間では夏休みとしてお盆休みです。うちは有給を使用して9連休。手始めにラス仕事から直行で横浜麻雀でござりまする。面子はホストののっち氏、SHEN氏、まこと氏、かかし氏、しんずい氏と私。でもうちはなんかえらい寝てました。今迄のマイナスが通算で400くらいあったので全額清算。結果戦果は微妙なマイナスにとどまる。やっぱり荷が軽いといいねぇ。今回の勝ち頭はかかしさん。んで、三日間遊んで最後に岡村(うちらの中での俗称。ニュータンタンメン本舗というお店)でごはーんで帰宅。相変わらずここのチャーハンはおいしいなぁ。

070809fig00.jpg
超造形魂・キン肉マンシリーズがBuildUpEditionとして新シリーズへ移行。殆どのキャラは既出なのですが一部心惹かれて大人買い。店頭に並んでた陳列ボックスごとレジに乗せたときのバイトのおねーちゃんの「え?」って顔が忘れられない(笑)
070809fig01.jpg
今回のラインナップはキン肉マン、テリーマン、ラーメンマン、ロビンマスク、ウォーズマン、ブロッケンJr、ミスターカーメン、ネプチューンマン、バッファローマン。
070809fig02.jpg
テリーマンは悪魔六騎士編のバッファローマンアームに換装可能。
070809fig03.jpg
ロビンはバラクーダヘッドへ換装可能。
070809fig04.jpg
キン肉マンはチャンピオンベルト脱着可能で、頭は金銀マスクへ換装可能。今迄のシリーズは換装は限定キャラのみでしたが、本作ではほぼ全てが対応している。写真では解りづらいので撮りませんでしたが、ブロッケンやミスターカーメンは口が開いている頭へ換装可能、ウォーズマンはマスク外しバージョンへ変更可能。ネプチューンマンはマント脱着可能。
070809fig05.jpg
バッファローマンは傷の集合したロングホーン版への換装可能。ちなみに目当てが出ないので二回目の大人買いしたところシークレットが出た(左の1000万パワー全開赤バッファローマン)。それじゃないんだけどなぁ(笑)
070809fig06.jpg
今回の目玉、合体悪魔将軍。要するに六騎士編で集合体として一瞬だけ描写された姿。各キャラ毎に部分的パーツがついており、全キャラ集めることで完成するというまぁなんともアコギなやりかたです(笑)これにも二色(オリジナルカラー+メタリックカラー)存在し、私はこいつだけは全部オリジナルカラーで組み上げたかったのですが結局頭部分が付くネプチューンマンが一個しか出ず、頭だけメタリックになってしまったのが悔やまれる。でもこれ以上買うのは自殺行為なのでもういいです(笑)
070809fig07.jpg
あと肉ではないけれど、コンビニフィギュアのエヴァを買った。本当は委員長が欲しかったのだけれど、ロンギヌスレイが出た。しかしこれが妙に出来がいいので満足してしまった(笑)

えーっと、これ先月の仕事中の話なんだけど書いてるヒマなかったので今日書く。

仕事中に患者さん呼んだんデスよ。今夏だからみんな半袖なワケ。んで、その患者さん、腕にタトゥーしてるんデスよ。うわぁ、怖いナァ…とか思いながら薬の説明してたんデスよ。んで、距離が近い関係でタトゥーの柄がよく見えたんデスよ。


Fateのセイバーでした。


うわぁこれマジネタかよ…とか思いました。ペインティングかシールかであって欲しいんですが…エッジがきっちりボケてるのでシールの線はないかも…仮にタトゥーであったらあの人はセイバー(絵は余り上手くなかったのです)と一生を添い遂げるのでしょうか…

λ<その意気や良し!

昨日付けでやっと入稿完了。重かった…構想を全て消化出来ずに一部妥協してしまった。鬱。で、印刷所から「早期入稿でカバー巻きが殺到し、キャパ超えたので自分で巻いて下さい」とありまた鬱。まー確かに会員で締め切り延ばした更に最終日入稿だけどさぁ…一応それでも締め切り間に合ってるんじゃん…入稿後はいつもスッキリしてるのにこのTelだけで一気に鬱。カバー巻く手間とかそういうのより、綺麗に仕上げたいからこその依頼だったのに…当日早朝に会場入りして必死にカバー巻きますよ。えぇ、必死にね…てかカバーだけじゃなくオビまで作ったので更に鬱。まーうちの事なんで部数少ないから大丈夫だとは思うけど…ね。てかカバーなんて巻いたことねぇから上手くいくかも解らんし…「目印とか折り目とかついてますか?」「ついてません」鬱。まー一応背表紙は元サイズに合わせてあるし、オビもカバーと絵を共有してる部分があるからなんとか…なるかなぁ。今から上手く巻けるかどうか鬱。

ぶっちゃけこの件でこの印刷所は終わりにしようかとも思った。会員更新したばっかだけど。まーこっちに過失ないわけじゃないけど(締め切りに間に合ったけど最終日)、そんならそれで一報くれればやりようもあるやん…当日会場でまた鬱るんだろうなぁ…

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.17-ja

携帯用QRコード

system9QR.gif

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

twitter

このアーカイブについて

このページには、2007年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年7月です。

次のアーカイブは2007年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。