2008年1月アーカイブ

■ニコニコID保有者用:
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1952369
■未所有者用(ようつべ):

一般公開してからもうずいぶん経っていますがそろそろいいかなーと。鏡音リン/レン処女作。この姉弟のじゃじゃ馬っぷりは凄かった…レンの声で知久さんのあの独特の歌い方を再現しようと挑戦。ニコニコでは弾幕まで出来てしまいなんか嬉しかったョ(笑)

すっげぇ久しぶりですがポケモンパール話。箱無しの中古ダイヤが安かったので購入したところ、
08011603.jpg
セレビィがなんと3匹も入ってた。これで配布系ポケモンの収集熱が再燃してしまい、mixiの登録専用コミュで私の未所有ポケモンを登録させて貰える方にお願いして、ミュウ、マナフィ、フィオネの3匹を図鑑に登録させて貰う。これでGTSで交換要請が可能になりましたので(GTSは遭遇含むで登録されていないポケモンは交換要請リストに出ないのです)登録されたミュウ、マナフィを検索してみる。
08011602.jpg
まずはマナフィ。ダブってるルギアを要求の条件があったので放出し獲得。
08011601.jpg
一方ミュウは要求がボッタクリもいいとこのいわゆる「自慢上げ」が多すぎて難儀しましたが、マニューラLv50以上という好条件があり(マニューラは通常PTに一匹いた)、マニューラ自体は作成が簡単なので放出。英語名のはもしかしたら海外版だからかな?ってかマナフィもミュウも半角英字名。もしかしたら海外版は普通にこの辺がゲット可能なのかな…?
08011604.jpg
そして早速メタモンとマナフィを配合させて…
08011605.jpg
フィオネ誕生。今は図鑑自体コンプですが、進化させたりな関係でボックスにいないポケモンが多数いるので、それを埋める作業をしてます。

…え、バトルタワー?……察してくれ。

■Ω<前回のエントリでは皆様一同に大変不快な思いをさせてしまったようで非常に申し訳御座いませんでした。寝覚めに批判の雨霰でかなり気が立ってた(最近プライヴェートでも色々ありまして…)関係もあり、仕事終わったらエントリ削除しようと思ってたんですが皆様からコメント頂いた物を無下に抹消するのも何なので残します(ただし、今見ると本文が見るに耐えないので本文は大幅に編集・カットさせて頂きます。あらあらかしこ)。
■なので、レスは改めて別エントリとさせて頂きました。個別に返答させて頂きます。
▼六さん様
■まずニコニコに上げてようつべに上げなかった理由としては、ネタなだけあってダイレクトに反応が見れるニコニコを選択したという事です。そして、視聴者サイドの好みの偏りがある事は前提として認識はしておりましたが(これは忘年会の席で、少し前の人民服ミクの絵への反応が「可愛い」「怖い」の両極端であった事は指摘されており、また前提として私自身の絵柄が一般受けしないという大前提も認識していた)、反応が余りにもマイナスへの偏りであったが故にぶち切れた、という感じです。ただ、批評には今考えると正鵠を射ているものもあり(Ex:顔と体のバランスが悪い、など)、それは絵描きとして真摯に受け止めようとは思ってます。問題はネタとは言えこっちが真面目に作っているものを「釣り動画」「オナニー動画」扱いされた事がかなりプッツンに接続した訳で。尤も、たかだか20コメントでそれを総意と解釈するのは早計だとは思いますが、まぁその、中の人がかなりナイーヴなのですっごい気にしちゃうんですよね(前歴として、300再生くらいまで行った動画をたった1行のコメントで削除した経験もあり)。話戻しますが、どんな絵であれプッシュとアンチが必ずいるのは当然の事象であるのは至極当然な話であるんですが、アンチをバネに出来ないのが脳が可哀想な私でありまして。そして、私は最近のエロゲは全くノータッチなので、正直どういう絵が今受けているのか分からなかったり…ただし、引用したみつみ絵にやや近いのですが、ちょっと参考にしたい絵描きさんがいるので、今その絵を参考にして自分なりのアレンジを久しぶりに作ってみようかな?とは思ってます。よって、現在の「はくね絵」はある意味、人民服ミクが最後という形にはなりそうです。それは前述の「顔と体のバランスが悪い」という欠点を克服したい、というポイントであるとご了承下さい。新しい絵は、ある程度枚数を重ねて固まってから発表したいな、とは思ってます。
▼つーさん
■私も知人の某プロデューサから「売れるにはみつみっぽい絵にしろ」的な発言を受けた経験があるんですが、あのコピペのような類似作家の氾濫が嫌で拒否してたんですね。流行る≠上手いという認識は私も同じです。ただそれでも上手ければ受けるのは確か(蛇足ですが、私も西又嬢の絵が何故受けるかは未だに分かりません。ときめきメモリアルイベントで本を買ったとき「これで壁になれるのか…」となんか不思議な気持ちになりました。下手ではないんですが、余りに絵が没個性でうちの好みではありませんでした)。同人の売り上げとかは久しく私も小手ですが、やっぱり売れてた頃の絵は今見ても上手いんですよ、手前味噌ではありますが。当時は自分なりに色々な研究を積極的に行っていた結果受けていたのだろうと思っています。それ故に、自分自身の「絵」という物の遷移をある意味最も近い立ち位置で見ていただけあって、いくら描いても納得出来なくなってきた状況に妥協してしまっていた自分をもどかしく思ったわけです。結果、今回の出来事が契機となって完全な自己否定に繋がってしまった訳で。ただ、これは今回に始まった事ではなく、その都度その時期に気に入っていた作家さんの絵を取り入れて組み立て直したりした訳で。たまたま今の絵の尺が長かっただけです(ちなみに第一期:見田竜介、第二期:蘭宮涼、第三期(つまり現在):篤見唯子をベースにしてました)。まぁ色々愚痴ってしまいましたが、そういう時期に入ってきたのかなぁ、というのが自分なりの解釈です。で、六さんの項でも触れましたが、私はこう、肉感的な体を描きたいので(篤見さんはロリキャラですからね、合わないのもまぁ今考えると至極当然の帰結であったのだろうな、と)、最近お気に入りのうろたん氏の絵をベースにして組み立て直そうかと思ってます。
▼4792さん
■トーンだけの朝日奈なんてもう私も記憶のアーカイヴの奥底になってしまってうろ覚えです(笑)個性と言うのは無論あるに越した事は無いと思いますが、それを「個性」と取るか「クセ」と取るかはやっぱり受け手次第であって。ただ、ほぼ同人でしか絵を描かなくなってしまっている今現在にあって、そこまで求道する必要性はあるかなぁ?っていう気持ちもないでもないんです。V.10.R在籍時はそれはもうやりたい放題に色々実験していたからこそ、あれだけ評価されていたのかなぁ?という考えはあります。
▼岸澤利夫様
■岸澤様もそうなんですが、毎回律儀にうちを訪ねて下さる方もそれなりにいらっしゃるので、今回の私の発言はそういう意味ではその方々への否定とも取れてしまうかなぁ、と非常に申し訳無く思っています。あぁ私の浅慮。この後組み上がるはずの絵が果たしてそのような方々に受け入れて頂けるかどうかは甚だ疑問ではありますが、温かい目で見守って頂ければ。
▼あかり様
■確かに、少し前まではネットで不定期とはいえ連載を行っていた関係で、練習こそしないまでもそれなりの枚数はこないしていた関係でまだ維持出来ていたのかも知れませんね。ただ、ひとつ誤解を解いておきたい部分として、「キャリア全否定」の部分は「キャリア過信」=つまり、積み重ねてきた画力を過信した、という意味ではなく、私の追い続けてきた画風(=要するに瞳の大きな絵柄)が間違いであった、と否定された気分であったという事なんです。練習しなかったから画力が落ちた、というのは正に正論。昔は暇さえあればノートに絵を描いたりして自分なりの求道をしていた訳ですが、同人など自分の発表フィールドの拡大により絵を描く=発表する、という構図になったのが結局現在まで尾を引いてしまっており、練習の為に絵を描く機会が全くと言っていい程無くなったというのは大きなファクタであると思っています(同人黎明期の私は1ヶ月で50枚とか洒落にならない枚数を描いていたので練習する暇が徐々に無くなっていった訳です)。故に、暫くは発表以前に絵を固める練習用に枚数を少しこなしてみようかと思ってます。

■Ω<という事で、たった2日で断筆宣言反故。でも自分が納得出来るくらいに固まってから発表に移したいと思いますので、暫くはお菓子でも食べてお待ち下さいませ。あらあらかしこ、云々。

延々と愚痴なので項を改めて。

■Ω<あけおめことよろ。
■大晦日は有明キャンセルして神田「蔵」で呑み→そのまま向かいの和民で年越し。
■→津田沼SHEN宅にてまぐろとお雑煮な年末年始でした。
■明日(1/2)は家でのんびりしようかと思ってましたが、母方の実家に顔出しになりそう。もう(ピー)年行ってないからなぁ。
■年賀状は一切手付かず。ミッ(ピー)マウス以外ネタが思い付きません。もしくは(ピー)カチュウ?

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.17-ja

携帯用QRコード

system9QR.gif

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

このアーカイブについて

このページには、2008年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年12月です。

次のアーカイブは2008年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。