居ぬ犬

●ニュースとかあんまり見ないので分からないけど、なんかこういう事件があったみたいね。まーたエセ動物保護団体でも騒いでるみたい。
目は口ほどに物を言う。この写真を見てまだ可哀想って言えるのかなぁ。もうこれ猛獣でしょ。
まず銃器という武器の特性から知ろうか。
まぁ、保護団体は理ではなく情で動くからなぁ、読んでないんでしょ。
今回の至言。命に貴賎が無いのなら、こうなる。殺処分が安楽死だと思うな。
ヒュガッ!
150916.jpg
●まぁ奴等は絶対的安全圏から動物園で観覧をするが如く修羅場である現場に難癖をつける卑怯者である。マタギと愛護団体のジョークもそうであるが、飽くまで第三者という立場であるからこそであり、自分が対面したら失禁即失神であろう。現実と空想の区別がつかぬのは寧ろこういう輩ではなかろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://system9.net/blog4t/mt4/mt-tb.cgi/2945

コメント(1)

お邪魔しま

>13発
>ニューナンブ
>体長120cm

 無理ってものよ、年間30発しか練習で撃たないんだもん。ほとんど「撃ったことある」レベルです。
 それに拳銃自体が"対人射撃"前提なんだから(人体に比較して)面積の小さい大型犬を撃つ訓練なんてしませんし、狙点……狙う所が人体と違うというのもありまして。
 人体の場合、こっちを向いたら頭の幅で頭頂部から股まですべて急所のオンパレードなんですが四足歩行生物の場合は、例えば心臓でも前足にガードされているわ横からでも肩の筋肉がガードしている、で動いているとしたら当てるだけでも御の字です。普通に考えてリアールちゃん(振り掛けCM懸賞のブルドッグ。うちの嫁が当てた)で60cm強だから、その2倍……猛獣です(ちなみに"体長120cm"で検索すると……平均的なクロマグロ、オオカミ、ジャガー、小さめのアムールトラ、小さめのツキノワグマ、大き目のウォンバット、平均的な小学3年s……これは違った。最後ふたつは"なでなで"するとして十分特定生物(猛獣)レベル)。
 ここのお巡りさんはどうだか知らないけど、ニューナンブM60という旧式なのかM360"サクラ"モデルか、いずれにしても.38口径(約9mm)5発入りといったところでしょうか。
 "サクラ"だと銃身長2in、51mmとまぁ短い。何でこんな短いのかといえば、日本の警察は威力より携帯性重視なんですな。
 最近の警察拳銃は外国人に比べ小さい体格なのでアルミ合金とかを採用した、海外でも女性の護身用とかで販売している中型拳銃が多いんですね(もしもの時の銃器対策部隊でM3913って……8連発か9連発とは。平和な国です)。
 でも、5発装填ってマシになったほうなんですよね。その前は誤射防止で1発目はカラ、2発目空砲、後が実弾でしたし。
 それにいきなり撃っていいことになったのも、2000年に起きた、シャブ中相手に(威嚇射撃前提だった取り扱い規範を遵守して)相討ちになって殉職された事案があって執行射撃(いわゆる水平射撃)が緩和されたわけですが……ついでに警察官拳銃使用及び取り扱い規範(S37.5.10制定。H27.1.30最終改正)では事態に対し合理的と判断された場合は狂犬など動物に対して威嚇なしで発砲可能としているそうです(ただ人間相手だと、2009年に神奈川で起きたパトカーに向け車をぶつけ逃走しようとした犯人に対する発砲事案で半身不随になった犯人が起こした訴訟で、裁判所が「威嚇射撃しないのは不適」と請求を認めたバカ判例があるので一歩後退状態にあるようです。車も犬も凶器になるのに……アメリカで最近問題になった発砲事案でも車から出てこない相手を撃ったのは逃走すると他の人に被害が及ぶ(ひき逃げ、他の交通事故を誘発、屋台を壊す……これは違うか)ことから法的に認められた行動で通称"Car Assurut"というそうです。あれもいわゆる"社会派弁護士"によって人種問題に擦り返られた事案が多いかもしれませんな)。
 ただ当たったら死ぬとはいえ.38口径(威力は348.4ジュール)はボウリングの球(上手な人が投げた場合、449.6ジュール)より威力が無いし前述の銃身2inですからね。バランスが悪くて反動がきつく当たらん可能性があるんです。ちょうど先々月の銃器専門誌で日本の警察拳銃特集してたときにアメリカの射撃業界の大家が右手でメインの握り、左手で右手を後ろから握って押し込むようにグリップする"ちょっと古い"方法を伝授してましたが……咄嗟の事だと難しいんでしょうね。

>思い出した

 私、犬に襲われたことありました。
 バス釣りの最中に放し飼いのハスキーにじゃれられ竿を噛んで奪おうとしたんでエアガン(ガス式連射可能、12連発)で応戦したんだ……
 至近距離というか顔めがけて10発以上発射したんですよ。目の前で唸りながら睨んでくるのは、あれは怖かった。
 あれも体長1mあったぞ……いやぁ、愛犬家の皆さん。管理はしっかりして頂きたい。
 かわいいかも知れんが、他人からしたら異常に速く走ってナイフのような刃を出してくる"歩く凶器"なんですから。
 犬嫌いにとっては、飼ってるor吠えてくるだけで脅威なんですから。リアルガチで。
 

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.17-ja

携帯用QRコード

system9QR.gif

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

twitter

このブログ記事について

このページは、九石はくねが2015年9月16日 20:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「speak like」です。

次のブログ記事は「Hervest」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。